DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 記事
  3. 魚介のおかず
  4. ツナ缶
  5. 缶詰は賞味期限を過ぎても食べられる?おすすめのレシピもご紹介

缶詰は賞味期限を過ぎても食べられる?おすすめのレシピもご紹介

作成日: 2021/05/03

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

缶詰は豊富な種類があって楽しいですよね。賞味期限が長いので、非常食としてストックしている方も多いのではないでしょうか。
ただ、缶詰を保存していることを忘れて、賞味期限が過ぎていた…なんてことはありませんか?

この記事では、缶詰の賞味期限や保管方法、様々な缶詰を使ったおすすめレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 缶詰の賞味期限
  2. 【トマト缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. ・開封後のトマト缶の保存方法
    2. キャベツとソーセージのトマト煮
    3. ミートボールとキャベツのトマト煮込み
    4. 肉詰めピーマンのトマト煮
    5. ひき肉となすのトマトカレー煮
  3. 【ツナ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. インゲンとにんじんのツナマヨサラダ
    2. ブロッコリーとツナのガーリック炒め
    3. ツナと玉ねぎのパン粉焼き
    4. じゃがいもとツナのみそ蒸し
  4. 【サバ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. さば缶でさば大根
    2. サバ缶ともやしの生姜あえ
    3. サバ缶で回鍋肉風
    4. サバ缶のみそチーズドリア風
  5. 【ホタテ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. チンゲン菜とほたてのとろみ炒め
    2. ホタテとちんげん菜のトロトロスープ煮
    3. フライパンほたてしゅうまい
    4. ホタテクリームコロッケ
  6. 【カニ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. 定番のカニ玉
    2. カニクリームコロッケ
    3. かにあんかけ茶碗蒸し
    4. ガンボスープ
  7. 【コーン缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. バターコーン
    2. 卵とコーンのサラダ
    3. エリンギとコーンの青のりバター炒め
    4. とうもろこしごはん
  8. 【フルーツ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ
    1. 白玉ポンチゼリー
    2. ところてんあんみつ
    3. フルーツ練乳シャーベット
    4. 豆花(トウファ)
    5. みかんゼリー
  9. 賞味期限をチェックして缶詰を料理に取り入れよう

缶詰の賞味期限

缶詰には、美味しく食べられる期間を示す賞味期限が記載されています。
安全に食べられることを示す消費期限ではないので、期限が過ぎていても食べられる場合があります。

賞味期限を過ぎていても、未開封の缶詰を適切に保管していた場合は食べることが可能です。
適切な保管とは、直射日光が当たらず湿気の少ない冷暗所で保管することを指します。もし、保管方法が誤っていたとしたら、食べないようにしましょう。

【トマト缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

まずはトマト缶についてです。開封後のトマト缶の保存方法も一緒にご紹介します。

また、こちらの記事ではトマト缶についての詳しい解説や、トマト缶を使ったおすすめのレシピをまとめてありますので、合わせてご覧ください。

・開封後のトマト缶の保存方法

トマト缶は、保存袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
保存袋の空気をしっかり抜くことが、美味しさをキープするコツです。

詳しくはこちらの動画でもご紹介しています。

キャベツとソーセージのトマト煮

シンプルな味付けでホッとする味わいのトマト煮です。
大ぶりの具材がごろごろ入っているので、食べ応えがあります。

ミートボールとキャベツのトマト煮込み

ポリ袋から直接フライパンに絞り出すので成形いらずのミートボールです。
キャベツと一緒に食べれば、ロールキャベツのような味わいを楽しめます。

肉詰めピーマンのトマト煮

ピーマンを丸ごと使った食べ応えのある肉詰めです。
ポリ袋で肉だねをこねるので、手が汚れず洗い物も減らせますよ。

ひき肉となすのトマトカレー煮

相性抜群のトマト缶とカレー粉を組み合わせました。
なすが旨味たっぷりの煮汁を吸ってジューシーになります。

【ツナ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

ツナ缶を使ったレシピをご紹介します。

インゲンとにんじんのツナマヨサラダ

いんげんとにんじんの異なる食感が楽しいひと品です。
ツナ缶とマヨネーズは相性抜群の組み合わせ。白すりごまで香ばしい風味をプラスしましょう。

ブロッコリーとツナのガーリック炒め

フライパンひとつで簡単にできる炒め物です。
ツナ缶の旨味がしっかりしているので、少しのしょうゆと塩こしょうで美味しく仕上がります。

ツナと玉ねぎのパン粉焼き

カリカリのパン粉が香ばしいひと品です。
ツナとマヨネーズのコク深い味わいの中に、玉ねぎのほのかな甘みが感じられます。

じゃがいもとツナのみそ蒸し

ホクホクのじゃがいもに、ツナ缶を合わせました。
じゃがいもは、レンジで加熱することで短時間で火が通ります。

【サバ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

続いては、サバ缶を使ったレシピです。

さば缶でさば大根

サバ缶で手軽に作れるさば大根です。
サバ缶の汁も使うことで、旨味たっぷりの味わいに仕上がります。

サバ缶ともやしの生姜あえ

材料を耐熱容器に入れたら、あとはレンジで加熱するだけ。
サバ缶の塩分があるので、少しのおろししょうがとごま油で味が決まります。

サバ缶で回鍋肉風

サバ缶で回鍋肉を作ってみましょう。
サバのみそ煮を使うことで、コクのある味わいに仕上がりますよ。

サバ缶のみそチーズドリア風

サバ缶は洋風の料理にもよく合います。
サバのみそ煮缶とトロトロのチーズで、濃厚な味わいになります。

【ホタテ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

ホタテ缶を使ったレシピもチェックしておきましょう。

チンゲン菜とほたてのとろみ炒め

片栗粉でとろみをつけた、ホッと温まる味わいのひと品です。
チンゲン菜とエリンギの異なる食感を楽しみましょう。

ホタテとちんげん菜のトロトロスープ煮

豆腐がたっぷり入って、食べ応えのあるスープです。
チンゲン菜の食感とふわふわの卵が絶品です。

フライパンほたてしゅうまい

蒸し器がなくても、フライパンで簡単にできるしゅうまいです。
ふわふわのタネの中には、ホタテの旨味がギュッと詰まっていますよ。

ホタテクリームコロッケ

サクッと仕上げた衣の中には、ホタテの旨味が詰まったトロトロのホワイトソース。
ホワイトソースのレシピを覚えておけば、他の料理にもアレンジできます。

【カニ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

カニ缶のレシピもチェックしておきましょう。

定番のカニ玉

トロトロのあんにふわふわの卵が絶品の定番のカニ玉です。
甘酸っぱいあんが食欲をそそります。

カニクリームコロッケ

濃厚なカニクリームコロッケを作ってみましょう。
きつね色に揚げた衣の中から、カニの旨味たっぷりのクリームが溢れます。

かにあんかけ茶碗蒸し

カニの風味が口いっぱいに広がる、豪華な味わいの茶碗蒸しです。
特別な日のおもてなしにおすすめのひと品です。

ガンボスープ

アメリカ南部の郷土料理であるオクラのスープです。
さまざまな魚介や野菜の旨味とスパイシーな味わいがクセになります。

【コーン缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

コーン缶のレシピをご紹介します。

バターコーン

有塩バターのコクとコーン缶の甘みが相まって、食べ始めたら止まらない美味しさに仕上がります。
そのままでも美味しいですが、お好みでしょうゆを加えるのもおすすめです。

卵とコーンのサラダ

たっぷりのマヨネーズでまろやかな味わいのサラダです。
混ぜ合わせるだけで簡単にできるので、ゆで卵を作ったときに試してみてくださいね。

エリンギとコーンの青のりバター炒め

バターと青のりで風味豊かな炒め物に仕上げました。
甘いコーンは子供に大人気なので、お弁当に入れたら喜んでくれるでしょう。

とうもろこしごはん

バターしょうゆの香ばしいコクと、コーン缶の甘みを楽しめる混ぜご飯です。
コーン缶があれば、いつでも簡単に作れますよ。

【フルーツ缶】缶詰を使ったDELISH KITCHENのレシピ

フルーツ缶のレシピもみてみましょう。

白玉ポンチゼリー

カラフルなフルーツともちもち食感の白玉をゼリーに散りばめました。
白玉に豆腐を入れることで、冷やしても柔らかい食感を楽しめます。

ところてんあんみつ

ところてんで、さっぱりとしたデザートを作ってみましょう。
お好みのトッピングで、楽しんでみてくださいね。

フルーツ練乳シャーベット

フルーツミックス缶と練乳の甘い組み合わせのシャーベットです。
保存袋に材料を入れて揉み込み、冷やすだけで作れます。

豆花(トウファ)

台湾のスイーツを手軽に作れるようにアレンジしました。
フルーツミックス缶を使った甘いシロップで、プルプルの豆乳ゼリーをいただきましょう。

みかんゼリー

みかん缶のシロップをそのまま生かしたゼリーです。
透き通ったゼリーに、みかんのオレンジ色が可愛らしいですよ。

賞味期限をチェックして缶詰を料理に取り入れよう

この記事では、缶詰について解説しました。
缶詰は賞味期限が過ぎても適切に保管していれば食べることができますが、なるべく賞味期限内に食べるようにしましょう。

お家にある缶詰の賞味期限を確認して、期限が近いものがあったら今回ご紹介したレシピを参考に、色々な料理にアレンジしてみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。