DELISH KITCHEN

お正月やお祝いにおすすめ!

博多雑煮

  • 調理時間

    180

  • カロリー

    278kcal

  • 費用目安

    -

お気に入りに追加

味わい深いあごだしを使った博多雑煮のレシピをご紹介します!具材に使われるかつお菜は、縁起が良い食材として親しまれる博多の伝統野菜です。出世魚のブリと共に博多雑煮には欠かせません。かまぼこ、里芋、にんじんなどを加えて具沢山に仕上げます♪

材料 【2人分】

  • 丸餅2個(80g)
  • ブリ[切り身] 1切れ(100g)
  • かまぼこ 2枚
  • 干ししいたけ2枚
  • かつお菜1/2枚(40g)
  • にんじん 2cm
  • 里芋 1個(50g)
  • 350cc
  • だし汁
  • 干ししいたけの戻し汁50cc
  • あごだし[粉末]小さじ1/3
  • みりん小さじ2
  • 小さじ1/4
  • 薄口しょうゆ小さじ1

手順

  1. 1

    干ししいたけはさっと洗う。ボウルに入れ、かぶる程度の水(分量外:適量)を加えて表面にラップをして戻す。

    ポイント

    戻し汁はとっておく。

  2. 2

    ブリは塩(分量外:少々)をふって5分おき、キッチンペーパーで水気をふきとり2等分にする。ざるにブリをのせ、表面の色が変わるまで流しで熱湯をまわしかける。冷水にとって水気を切る。

  3. 3

    にんじんは厚さを半分に切り、花型で抜く。切り込みを入れて飾り切りにする。里芋は皮をむいて縦半分に切り、切り口を下にして横に3等分に切る。ボウルに里芋を入れて塩(分量外:少々)をふってもみ、水で洗って水気を切る。

    ポイント

    里芋を触った際に手にかゆみが出る方は、酢水(水200ccに対して大さじ1〜2が目安)にさらすことで緩和されます。また、里芋のアクやえぐみの元であるシュウ酸カルシウムが気になる方は厚めに皮をむくことで減らすことができます。

  4. 4

    干ししいたけは軽く水気をしぼり、軸を切り落とす。戻し汁はこして50cc取り分ける。

  5. 5

    鍋に水(分量外:適量)、にんじんを入れて中火で煮立たせ、にんじんがやわらかくなるまで5分ゆでて取り出す。同じ湯にかつお菜を入れて30秒ほどゆで、冷水にとる。水気をしぼって食べやすい大きさに切る。鍋を洗って再び水(分量外:適量)を入れ、里芋を入れて中火で煮立たせ、里芋がやわらかくなるまで5分ゆでて水気を切る。

  6. 6

    鍋を洗って水、☆を入れて混ぜ、中火で煮立たせる。干ししいたけ、5、ブリを加えて再び煮立たせて、弱火で3分煮て火を止める。

  7. 7

    別の鍋に水(分量外:適量)を入れてわかし、丸餅を入れてやわらかくなるまで煮て器に盛る。6の具材、かまぼこを盛る。6の汁を注ぐ。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます
※一定評価数に満たないため表示されません。

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連カテゴリー

関連記事