DELISH KITCHEN

牛乳パックで型いらず♪

たっぷりいちごのレアチーズケーキ

4.2

(

)

  • 調理時間

    180

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    -

  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

お気に入りに追加

甘くてジューシーなとちおとめをたっぷりと使った贅沢スイーツをご紹介します。 2層のケーキといちごの断面が可愛らしい、華やかな見た目に仕上げました。 牛乳パックを型にして作るので、型がなくても作れるのが嬉しいレシピです♪

材料 【1000ccの牛乳パック1本分】

手順

  1. 1

    《下準備》牛乳パックは側面に切り込みを入れ、上部を内側に折りたたんでテープでとめて型を作る。レアチーズケーキ用、いちごゼリー用のゼラチンはそれぞれ冷水に振り入れ、ふやかす。

    ポイント

    牛乳パックは洗い、よく乾かしたものを使用してください。

  2. 2

    いちごは14個を取り分け、へたを切り落とす。側面用に7個を縦半分に切る(レアチーズケーキ用)。残りのいちご(約80g)はへたを切り落とし、みじん切りにする(いちごゼリー用)。

    ポイント

    いちごの粒が小さい場合は牛乳パックに合わせて、いちごの量を調整し、隙間なく敷き詰めることで綺麗な仕上がりになります。

  3. 3

    ポリ袋にビスケットを入れて口を閉じ、袋の上からめん棒で細かく砕く。溶かしバターを加えて袋の上からもみこむ。牛乳パックの型に敷き詰め、スプーンでおさえる(タルト生地)。

  4. 4

    ボウルにクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、ヨーグルトを加えてなめらかになるまで混ぜる。

  5. 5

    耐熱容器に牛乳、砂糖を入れて混ぜ、ふんわりとラップをして600Wのレンジで1分30秒加熱する。ふやかした粉ゼラチン(レアチーズケーキ用)を加え、混ぜながら完全に溶かす。4に加えて混ぜる。粗熱をとる。

    ポイント

    ゼラチンが溶けない場合は10秒ずつ様子を見て追加加熱しましょう。

  6. 6

    牛乳パックの型の側面に縦半分に切ったいちごを貼り付け、残りのいちごを中央に並べる。5を流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。

    ポイント

    レアチーズ生地を流し入れる際に、勢いよく流し入れるといちごが浮いてしまうことがあるので、計量カップなどに移し入れて静かに流し入れましょう。

  7. 7

    耐熱容器にいちご(約80g)、砂糖、レモン汁を入れて混ぜ、10分ほどおく。水を加えて混ぜ、ふんわりとラップをして600Wのレンジで1分30秒加熱する。取り出してふやかしたゼラチン(いちごゼリー用)を加えて混ぜ、完全に溶かす。粗熱をとる。

    ポイント

    ゼラチンが溶けない場合は10秒ずつ様子を見て追加加熱しましょう。

  8. 8

    6の牛乳パックの型に7を流し入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。

  9. 9

    牛乳パックの型から取り出し、お好みの大きさに切る。

よくある質問

  • Q

    ゼラチンの溶かし方を教えてください。

    A

    ゼラチンの基本の使い方はこちらをご確認ください。

  • Q

    バターをマーガリンで代用したいのですが、可能ですか?

    A

    パンや製菓であれば風味や仕上がりに多少差が出ますが、概ね代用可能です。一部代用ができないものもございますので、詳細はこちらをご確認ください。

レビュー

4.2

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • ハル

    レシピ通りの分量で作りました。今迄に作ったデザートの中でこのデザートが一番美味しかったです。  苺の甘さとクリームチーズのサッパリ感とクッキーの食感のバランスがとても良かったです。  牛乳パックは少し柔らかいので真ん中あたりが広がってしまったので上の方を何ヵ所かセロテープでとめたら綺麗なカタチで出来上がりました。
  • ぽん

    型を使わず出来るのは良いのですが、どうしても液を流すときにイチゴが浮いてしまいました。そのため、切ったときに、レシピの写真のようにキレイなカットにはなりませんでした。でも、味は美味しく出来ました。

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。