料理の基本!

ゼラチンの使い方

固めたゼリーなどは常温で溶けてしまうため、冷蔵庫から出したらなるべく早めにお召し上がりください。キウイやパイナップルなど「タンパク質を分解する酵素」が含まれているフルーツを使うと固まりにくい性質があるので缶詰や加熱したものを使いましょう♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入りに追加

  • 調理時間 約15分

料理レシピ

材料 粉ゼラチン5g分

料理を楽しむにあたって

作り方

  1. 1.

    耐熱容器に冷水を入れて、粉ゼラチンを全体にふりいれる。10分おきふやかす。

    TIPS

    ゼラチンの量に関しては、お使いのメーカーの表記をご確認ください。

  2. 2.

    《温めたゼリー液に混ぜる場合》1のふやかしたゼラチンを加えて、鍋底にふやかしたゼラチンが残らないようにしっかりと混ぜる。透明の液体の場合は加えた直後は濁っていますが、混ぜているうちに透き通ってきます(完全に混ざった状態)。牛乳などの色がついている場合は、混ぜているときに確認出来ないので容器にあけたときに最後にゼラチンが鍋底に残っている場合は再度戻して弱火にかけて混ぜながら溶かす。容器に入れて冷蔵庫でしっかりと冷やす。

    TIPS

    ふやかしたゼラチンをそのまま加える場合は、ゼリー液を沸騰直前まで温めて加えること。ゼラチンは沸騰させてしまうと固まらないため注意してください。

  3. 3.

    《レアチーズなどのどろっとした状態に混ぜる場合》1のふやかしたゼラチンをラップをせずに600Wのレンジで20秒加熱して溶かす。生地にまわし入れて、泡立て器ですぐにしっかりとよく混ぜる。容器に入れて冷蔵庫でしっかりと冷やす。

    TIPS

    レアチーズ、ムースなどに使える方法です。