DELISH KITCHEN

格別のおいしさ!

本格八宝菜

4.2

(

)

  • 調理時間

    40

  • カロリー

    384kcal

  • 費用目安

    800前後

  • ※1人分あたり
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

お気に入りに追加

中華料理の定番、具材たっぷりの八宝菜のレシピのご紹介です!下ごしらえをしっかり行うことでより本格的な味わいに!野菜を湯通しすることで、彩りよく仕上がります♪ 本場の味をご家庭で再現してみてください!

材料 【2人分】

手順

  1. 1

    きくらげは水で戻し、石づきを取り一口大に切る。白菜は縦半分に切り、横2cm幅に切る。にんじんは1cm幅に切り、切り口を下にして薄切りにする(短冊切り)。たけのこは横半分に切り、縦薄切りにする。ヤングコーンは半分に切る。絹さやは筋を取り、斜め2等分に切る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  2. 2

    えびは殻をむいて背わたを取って水でよく洗い、キッチンペーパーで水気をふきとる。ボウルに入れ、卵白、酒、塩こしょうを加えて揉み込み、サラダ油を加えて更に揉み込む。

  3. 3

    別のボウルに豚肉、酒、しょうゆを入れて揉み込み、10分程おく。

  4. 4

    別のボウルに●を入れて混ぜる。

  5. 5

    【野菜の湯通し】鍋に水を入れて湯をわかし、塩、サラダ油を入れ、絹さやを加えてさっとゆでて取り出し水にさらす。にんじん、たけのこ、ヤングコーンはそれぞれ1分程ゆでて取り出す。白菜、きくらげはそれぞれ30秒程ゆでて取り出す。

  6. 6

    フライパンにサラダ油、にんにく、しょうがを入れて中火で熱し、香りが立ったら、豚肉、えびを加えて色が変わるまで炒める。

  7. 7

    白菜、にんじん、たけのこ、ヤングコーン、きくらげを加えて油が馴染むまで炒め、●を加えてとろみがつくまで炒め、絹さやを加えてごま油をまわし入れる。

レビュー

4.2

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • お家大好き

    ひと手間が美味しかったです。中華丼にして食べても。下準備に、オイル入れて野菜を煮たりといったひと手間が、炒めすぎず美味しくしてくれていると思いました。個人的には豚肉に下味や片栗粉をつけた方が舌触りも軟らかくなって好きです。全体にもう少しコクがほしくて、オイスターソースをちょい足ししました。家族に好評だったので、また作りたいです。
  • みん

    ちくわ、ピーマン、白菜、キャベツ、シーフードミックス、豚肉、ある物で作りました♪何入れても美味しい‼︎
  • たよりん

    野菜を油通しする一手間が炒める時間を短縮できてよかった!いつもより彩よく作れました。

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事