DELISH KITCHEN
  1. 料理の基本!たけのこの保存方法

料理の基本!

たけのこの保存方法

生たけのこをアク抜きした後の、たけのこの保存方法をご紹介します。大量保存したい時にもおすすめです。鮮度が大事なたけのこは、すぐにアク抜きをしてから保存することがポイント♪水に浸けて空気に触れないようにして保存することで、風味が長持ちします。水は毎日取り替えましょう!

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

作り方

  1. 1.

    保存容器にたけのこ、たけのこが浸かるくらいのたっぷりの水(分量外:適量)を入れてふたをする。冷蔵庫に入れて保存する。

    ポイント

    水は毎日取り替えましょう。風味が落ちてくるため、早めにお召し上がりください。水煮たけのこはパックのまま冷蔵保存し、パックから出したものは同様に水につけて保存しましょう。

よくある質問

  • Q

    保存期間はどのくらいですか?

    A

    保存期間の目安は4〜5日です。なるべく早めに使い切りましょう。

  • Q

    冷凍は可能ですか?

    A

    食感が多少変わってしまいますが、冷凍も可能です。使いやすい大きさに切ってゆで、水気を切って冷凍用保存袋に入れて薄く平らにし、空気を抜いて冷凍しましょう。また、だしやしょうゆ、みりんなどで味付けして水気を切ったものを同様に冷凍しましょう。凍ったまま調理可能です。保存期間の目安は2〜3週間です。

  • Q

    生たけのこの茹で方を教えてください。

    A

    米のとぎ汁を使った方法こちらや重曹を使った方法こちら、圧力鍋を使った方法こちらをご紹介しています。

  • Q

    保存には塩や砂糖は必要ないのですか?

    A

    はい、なくても保存は可能です。

  • Q

    竹の種類はどれでも同様ですか?

    A

    はい、孟宗竹や真竹、破竹などでも同様です。

  • Q

    メンマの作り方を教えてください。

    A

    ねぎ塩メンマこちらやピリ辛おつまみメンマこちらがあります。

レビュー

(2件)

-
一定評価数に満たないため表示されません。
※レビューはアプリから行えます。
  • ACO
    参考になりました!

関連カテゴリー