DELISH KITCHEN

バターの香ばしさがたまらない!

基本の鮭のムニエル

4.4

(

)

  • 調理時間

    15

  • カロリー

    241kcal

  • 費用目安

    400前後

お気に入りに追加

皮は香ばしくパリッと、身はジューシーな、基本の鮭のムニエルのレシピをご紹介します。献立でも人気の魚メニュー♪バターでソテーして香ばしく仕上げましょう。手順は簡単ですが、ポイントをおさえてお作りください。ソースをタルタルにしたりアレンジしてみるのも美味しいですよ。また付け合わせにきのこソテーや、人参のグラッセを添えるのもおすすめです。

材料 【2人分】

手順

  1. 1

    鮭はキッチンペーパーで水気をふき、両面に塩こしょうをふる。

    ポイント

    塩をふることで、臭みのある水分を外に出す効果がありますが、鮭は生臭さが少ないので、塩をふったら長時間おく必要はありません。

  2. 2

    1の鮭の両面に薄力粉を薄くまぶす。

    ポイント

    茶こしをつかうことで、まんべんなく全体にまぶすことができます。ダマになると焦げるので、余分な粉ははたきましょう!

  3. 3

    フライパンにサラダ油を入れて熱し、生鮭を皮目から入れて弱火で焼き色がつくまでじっくりと焼く。

    ポイント

    時々、身を持ち上げて油をまんべんなく行き渡らせながら、焼き色をつけましょう!

  4. 4

    鮭を裏に返して3〜4分焼く。バターを加えてバターが溶けたら、スプーンで鮭にかけながらからめる。

    ポイント

    バターの泡を身にかけながら焼くと、香ばしくなります!

  5. 5

    器に盛り、レモンを添える。

    ポイント

    お好みで刻みパセリをちらすと彩りが鮮やかになります♪

よくある質問

  • Q

    サーモンでも作れますか?

    A

    同様にお作りいただけます。

レビュー

4.4

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • キリン210626

    最後の3〜4分の焼きをしっかりとしてないと生焼けでバター汁を絡めることになり焦げます。バターの後、生焼けに気がついたので蓋をして蒸してシャケの中まで火を通しました。
  • ぱん

    簡単にできました。また作りたいです。
  • ありす

    生鮭で作りました。とても美味しかったです! 塩コショウは多めがよさそうです。
  • ひさえ丸

    魚料理は苦手ですがこれは簡単に美味しくできました。 臭みも感じずふっくらジューシーなお魚料理です。また作りたいと思います。

もっと見る

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事

もっと見る