DELISH KITCHEN

料理の基本!

ワタリガニのゆで方

ワタリガニのゆで方をご紹介します。口の周りが黒ずんでいるものは新鮮でない可能性があるので避け、甲羅がしっかりとしたものを選びましょう!ゆでると甲羅がきれいな赤色に変わります。上手にゆでて、甘みの強い濃厚なおいしさをご堪能ください♪下ごしらえとしてゆでておいて料理に使うこともできます。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約30分

料理レシピ

材料 ワタリガニ1杯分

  • ワタリガニ1杯(500g)

作り方

  1. 1.

    ワタリガニがしっかりとつかる程度の氷水を用意し、ワタリガニを入れる。動かなくなるまで10分程度つけて活け締めにする。

    ポイント

    ワタリガニは生きたままゆでると、暴れて手足が取れてしまうことがあります。活け締めをしてからゆでてください。

  2. 2.

    大きめの鍋にワタリガニを甲羅を下にして入れる。ひたる程度の水を加え、塩(分量外:適量)を加えて中火で煮立たせ、10分ほどゆでて取り出し、そのまま冷ます。

    ポイント

    甲羅を上に向けるとカニみそが流れ出てしまうので下に向けてください。

    塩は水1Lに対して30~40g程度が目安です。

    煮立たせたあとも火を弱めず、中火のままでゆでてください。

よくある質問

  • Q

    他におすすめの食べ方を教えてください。

    A

    定番の味噌汁のほか、中華スープ、洋風パスタやブイヤベースなども人気です。生食出来る場合には韓国のケジャンという料理もあります。トマトクリームパスタはこちら、カレー炒めのプーパッポンカリーはこちらを参照ください。

  • Q

    ワタリガニのさばき方も教えてください。

    A

    こちらを参考にしてください。

レビュー

(1件)

-
一定評価数に満たないため表示されません。
※レビューはアプリから行えます。

初めてのコメントを投稿してみましょう