DELISH KITCHEN

上手に焼ける!

オーブンでタンドリーチキン

4.5

(

)

  • 調理時間

    50

  • カロリー

    247kcal

  • 費用目安

    500前後

  • ※1人分あたり(4人分の場合)
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

お気に入りに追加

タンドリーチキンはオーブンで火を入れることで焦げ付きにくく、ジューシーに仕上がります♪カレー粉やにんにくなどの風味が食欲をそそる一品です。お肉と一緒に野菜も焼けば、おもてなしにもぴったり♪仕上げにレモンやライムをしぼると爽やかさがプラスされ、お酒のおつまみにも!辛いのが苦手な方は、チリパウダーの分量を減らす、もしくは抜いてお作りください。

材料 【3〜4人分】

手順

  1. 1

    鶏肉は両面にフォークなどで穴を数カ所開ける。大きめの一口大に切る。

    ポイント

    オーブンは220℃に予熱しはじめましょう。

  2. 2

    ボウルに☆を入れて混ぜ、鶏肉を加えてもみこむ。15分ほどおく。

  3. 3

    天板にクッキングシートを敷き、2の鶏肉を漬けだれごと並べる。220℃に予熱したオーブンでこんがりと焼き色がつき、肉に火が通るまで15〜20分ほど焼く。

  4. 4

    器に盛り、レモンまたはライムを添える。

    ポイント

    レモン、ライムの果汁をかけてお召し上がりください。

よくある質問

  • Q

    フライパンやトースターで作れませんか?

    A

    フライパンを使ったタンドリーチキンはこちらのレシピをご参照ください。 トースターの場合は下の熱源に漬けだれが垂れないように天板にアルミホイルを敷いてお作りください。肉に火が通りやすいように一口大にし、肉に火が通るまで10分程度を目安に焼いてください。トースター内で油が跳ねると危険なので、中の様子を確認しながら必要に応じてアルミホイルなどをかぶせてお作りください。

レビュー

4.5

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • マリリン

    胸肉なので、やはり冷えると固くなってしまいました。 温め直すと、柔らかさが8割戻りました。 胸肉で油は少ししか使わないし、オーブン調理だから、一気に焼けるのもポイント高めです。 私は、前日の夜から調味料を肉に漬け込みました。 焼き立ては、本当に柔らかくて、味も染みてて美味でした。 辛さもマイルドで、4歳の辛いもの苦手な息子も一気食いでした。 これから作る方は、ぜひ、出来立てを味わってくださいね。
  • えぬえむ

    鳥もも肉で作りました。オーブンで210度20分で調理しましたがもも肉なのに多少パサついた感じの仕上りになりました。が味付けはとても良かったです。 写真は翌日の弁当用の分で、オーブンに敷いたシートに残った肉汁をパサつき防止に回収し浸して保存、冷えたら油と煮凍りになっていました。フォークで油取り除いたところです。下拵えもビニール袋で行い、洗い物が少なくて済むのがありがたい。
  • ひつじ

    漬け込んでオーブンで焼くだけなので簡単でした!
  • もも

    約半量の鶏胸肉300グラム1枚で作りました。 前日から漬けておきました。 220度で18分焼いてもイマイチ焼き目がつかなかったので、追加で180度5分焼きましたが、あんまりつきませんでした。 味は美味しかったです。

もっと見る

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。