DELISH KITCHEN

料理の基本!

きゅうりの冷凍保存方法

  • 調理時間

    -

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    50以内

お気に入りに追加

きゅうりは水分が多いため冷凍すると食感が変わってしまいますが、使い切れない場合は冷凍保存を活用してみましょう!冷凍すると味が入りやすいこと、青臭さは軽減されるため、和え物や炒めものがおすすめです。生食する場合は、下味冷凍することによって食感がキープしやすく、調理によって冷凍方法を選択しましょう。 ぜひ和え物や炒め物にご活用ください♪水分が出やすいため冷凍室から取り出したら放置せずすぐに使いましょう!

手順

  1. 1

    【切って冷凍する場合】きゅうりは両端を切り落として縦半分に切り、種とわたをスプーンですくい取る。斜め薄切りなど、食べやすい大きさに切り、小分けにしてラップで包む。冷凍用保存袋に入れ、空気を抜きながら袋の口を閉じる。冷凍室で保存する。

    ポイント

    保存袋は耐冷温度を確認して下さい。調理後は早めにお召し上がりください。

    きゅうりは事前によく洗って水気をしっかりと切ってください。

  2. 2

    【塩もみして冷凍する場合】きゅうりは両端を切り落として薄切りにし、重量の約1〜2%の塩(分量外:適量)を振ってもみこむ。5分ほどおき、水気をしぼる。小分けにしてラップで包む。冷凍用保存袋に入れ、空気を抜きながら袋の口を閉じる。冷凍室で保存する。

    ポイント

    保存袋は耐冷温度を確認して下さい。水分が出やすいので調理後は早めにお召し上がりください。塩気を抜きたい場合は水洗いしてから水気を絞りましょう。

よくある質問

  • Q

    保存期間はどのくらいですか?

    A

    冷凍保存の期間の目安は2週間です。凍ったまま加熱調理または冷蔵庫で自然解凍してお使いください。また調理後は早めにお召し上がりください。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます

「つくった」をタップして、

初めてのレビューを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連カテゴリ