DELISH KITCHEN

意外と簡単!

基本のベイクドチーズケーキ

4.7

(

)

  • 調理時間

    180

  • カロリー

    502kcal

  • 費用目安

    900前後

お気に入りに追加

「ベイクド」とは英語で「焼く」という意味。チーズケーキの中でもポピュラーなベイクドチーズケーキの作り方をご紹介します♪濃厚だけど後味爽やかな味わいです。難しい工程はなく、材料を混ぜて焼き上げるだけなのでとっても簡単!まるでお取り寄せしたような、おもてなしにぴったりのスイーツをご家庭で作ってみてください。

材料 【18cm丸型1台分】

手順

  1. 1

    クリームチーズとバターを室温に戻す。ビスケットを袋に入れてめん棒などで叩き細かくして、バターを加えてよく揉み、全体に馴染んだら型の底にラップを使って敷き詰めて底生地を作る。

  2. 2

    クリームチーズをボウルに入れてクリーム状になるまで混ぜ、砂糖と卵を順に加えてその都度よく混ぜる。

  3. 3

    生クリームを少しずつ加えながら混ぜて、薄力粉をふるい入れてゴムベラで切るように混ぜ、レモン汁を加えて混ぜる。

  4. 4

    型に生地を流しいれて170℃に予熱したオーブンで40〜45分焼く。粗熱を取り、冷蔵庫で2〜3時間冷やし固めて完成。

    ポイント

    焼く前に3cmの高さから2~3回落として空気を抜いておくと綺麗に仕上がります。

よくある質問

  • Q

    無塩バターは有塩バターで代用可能ですか?

    A

    代用可能です。同じ分量でお作りください。風味や仕上がりが多少変わり、塩味が少し感じられる味わいになります。

  • Q

    バターをマーガリンで代用したいのですが、可能ですか?

    A

    パンや製菓であれば風味や仕上がりに多少差が出ますが、概ね代用可能です。一部代用ができないものもございますので、詳細はこちらをご確認ください。

  • Q

    底生地のバターは、溶かしバターにしても問題ないですか?

    A

    バターを溶かすことによって水分がクッキーに染み込むので、サクサクではなくしっとりとした食感になります。安定させるために、チーズ生地を流し入れる前に冷蔵庫で固まるまで冷やして安定させてください。

  • Q

    生クリームをホイップクリームで代用できますか?

    A

    商品のホイップクリームは同量で代用可能です。生クリームを泡立てたホイップクリームは代用不可です。

  • Q

    牛乳で代用出来ますか?

    A

    全量変えてしまうと焼き上がりがとても柔らかく、冷めたあとに水分が滲み出てくる可能性があるため、レシピ通り生クリームでお作りいただくことをおすすめします。

  • Q

    薄力粉は米粉で代用できますか?

    A

    薄力粉は同量の米粉で代用可能です。薄力粉で作るより少しかためになり、冷めるともちっとした食感に仕上がります。また、薄力粉と違い、米粉はふるう必要はありませんので、手順3で米粉30gをふるわずそのまま加えてください。

  • Q

    12cmの丸型で作る場合どうすればいいですか?

    A

    材料は、レシピの分量を全て0.5倍にしてください。焼き時間は170℃で25分〜様子を見ながら調整してください。

  • Q

    15cmの型で作るときはどうすればよいですか?

    A

    材料は、レシピの分量を全て0.7倍にしてください。卵は溶き卵にして、70g程度をお使いください。焼き時間は170℃で30分〜様子を見ながら調整してください。

  • Q

    18cmパウンド型で作る場合どうすればいいですか?

    A

    18cmパウンド型の場合は、全ての材料を半量でお作りください。焼き時間は30分から様子を見て加熱してください。

  • Q

    7.5cmのマドレーヌ型で焼けますか?

    A

    マドレーヌ型で焼いていただけます。こちらのレシピを7.5cm型で焼くとおおよそですが15〜20個くらい出来ます。温度は同じで大丈夫ですが、焼き時間20分程度からこまめに様子を見て調整してお焼きください。

  • Q

    アルミカップで作る場合はどうしたらいいですか?

    A

    アルミカップに5〜6分目の高さまで生地を流し入れ、焼き時間は20分から様子を見ながら加熱してください。

  • Q

    その他の型を変更した場合の分量を教えてください。

    A

    詳細はこちらをご確認ください。

  • Q

    生クリームがレシピ分量の1/2量(100cc)しかありません。作ることはできますか?

    A

    他の材料も全て1/2量にすればお作りいただけます。18cm丸型だとかなり薄くなってしまうので、12cmか15cmの丸型でお作りいただくのがおすすめです。焼き時間は170℃で25分〜様子を見て焼いてください。

  • Q

    クリームチーズ300gの場合の薄力粉の分量を教えてください。

    A

    甘さ控えめになりますが、レシピ通り薄力粉30gでお作りいただけます。

  • Q

    抹茶味にしたい場合は分量をどうしたら良いでしょうか。

    A

    抹茶を加えたい場合、小さじ2を目安に入れていただければと思います。工程3の薄力粉と一緒にふるい入れましょう。

  • Q

    市販のタルト台でも作れますか?

    A

    お作りいただけます。市販のタルト台の大きさによりますが、生地が入り切らない場合は加熱時間を調整してお作りください。

  • Q

    焼き上がりの確認はどのようにすればいいですか?

    A

    竹串をさして生焼けの生地がついてこなければ大丈夫です。

  • Q

    ダマが出来てしまった時の対処法は?

    A

    ダマがあるとなめらかな仕上がりにならないため、一度こしていただくことをおすすめします。

  • Q

    ビスケットの土台は省いても作れますか?

    A

    お作りいただけます。 型から取り出す際崩れやすくなるので、しっかりと冷やしてから取り出してください。

  • Q

    レンジでも作れますか?

    A

    オーブンとレンジでは出来上がりが異なりますが、こちらを参考にお作りください。

  • Q

    味をアレンジできますか?

    A

    お作りになれます。チョコレート入りレシピはこちら、かぼちゃ入りはこちら、ブルーベリー入りはこちら、をご参考にしてください。

  • Q

    他の種類のチーズケーキレシピを教えてください。

    A

    レアチーズケーキはこちら、スフレチーズケーキはこちらを参照ください。

  • Q

    ミニタルトに流し入れて作ることはできますか?

    A

    大きさにもよるので、170℃で15分〜様子を見ながら調整して焼いてみてください。10分過ぎたあたりから都度様子を見て、タルトや生地が焦げそうな場合は、アルミホイルをかぶせてください。

  • Q

    ビスケットとバターがまとまりにくいです。

    A

    ビスケットの砕きが足りないとバターが馴染みにくいので、細かくなるまで叩いてバターと馴染ませてください。また、完全にまとまっていなくても敷きつめる時にラップでしっかりと押し固め、生地を流し入れるまで冷蔵庫で冷やしておくと固まりやすくなります。

レビュー

4.7

(

)

※レビューはアプリから行えます
  • 受験生(((勉強よりお菓子作り🙃

    すごい濃厚でこれまで作ってきたチーズケーキの中で1番おいしく出来ました!!😋 型から出すときにクッキーが割れて失敗しやすいので、バターを少し多めにいれたらちょうど良かったです!
  • 🥑

    美味しくできて参考になりました🧀✨
  • pon

    ケーキ自体初めて作ったのに、この通りに作ったらうまくできました!✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ お店で食べるのと同じような味で感激しました!また作りたいと思います!
  • かれこれこのレシピで10回くらい作ってます。作りやすい上に美味しい!クリームチーズも生クリームも200g、200mlのものを買えば軽量も楽だし、適当に混ぜててもしっかり美味しく出来上がります! ガッツリチーズケーキっぽくしたい方はレモン汁大さじ1.5杯くらいが丁度いいかも。レモン汁入れる前はダマが少し気になったけど、入れた後混ぜてたらそこまで気になりません!味も美味しい!ただ、薄力粉の種類にもよると思うのでそこは人それぞれだと思います。 ビスケットは細かく砕いた方がいいです!私は無塩バターを20g、サラダ油を少しずつ足していい感じの硬さにしてます😌 40分~45分くらい下段で焼いて、10分~15分様子を見ながら上段で焼いて焼き色を付けてます。 型から外す時にポロポロしやすいので、しっかり冷やすこと、底が取れる型を使うことをおすすめします。できたても美味しいけど、冷蔵庫で保存して次の日に食べるくらいがずっしりしてて美味しい😋作ってみて損はないです!

もっと見る

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事

もっと見る