DELISH KITCHEN

出汁をかけて楽しむ!
アナゴのひつまぶし風

4.0

調理時間

15

費用目安

500前後

お気に入りに追加

うなぎよりも脂があっさりとした柔らかいアナゴをひつまぶし風に。市販の蒲焼きを使って手軽に作ります。

  • カロリー

    538kcal

  • 炭水化物

    84.1g

  • 脂質

    11.6g

  • たんぱく質

    19.9g

  • 糖質

    83.1g

  • 塩分

    2.5g

  • ※1人分あたり
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

材料 【2人分】

  • アナゴの蒲焼き1枚(150g)
  • ごはんどんぶり2杯(400g)
  • 1個
  • ひとつまみ
  • 小さじ1
  • サラダ油小さじ1
  • ☆出汁
  • 和風顆粒だし小さじ1/2
  • しょうゆ小さじ1
  • 250cc
  • 薬味
  • 細ねぎ 2本
  • わさび小さじ2
  • 刻みのり1g

手順

  1. 1

    アナゴは1㎝幅に切って耐熱容器にのせ、ふんわりとラップをし、600Wのレンジで1分加熱する。

  2. 2

    ボウルに卵を割り入れ、塩、酒を加えて混ぜる。

  3. 3

    フライパンにサラダ油を入れてキッチンペーパーで薄く伸ばし、2を流し入れて中火で焼き、薄焼き卵を焼く。粗熱がとれたら千切りにする(錦糸卵)。

  4. 4

    鍋に☆を入れて煮立たせる。

  5. 5

    丼にごはんを盛り、錦糸卵、アナゴ、薬味をのせる。お好みで出汁をかけていただく。

レビュー

4.0

※レビューはアプリから行えます
  • レイン

    そうめんと冷奴と一緒にいただきました。夏っぽくて美味しかったです。
  • ニャンジロー

    穴子がなかったので冷凍鰻でやりました。冷凍だったのでフワフワにする方法を検索して、その方法をアレンジして作ったところ、みごとフワフワになり、美味しくできました。 フワフワにするには、まずは鰻を自然解凍させ、レシピどおりに切ります。かける用に作っておいた出汁をフライパンに大さじ 1 くらい入れ温めます(先にクッキングペーパーを敷いてクッキングペーパーとフライパンの間に出汁を流し入れた方がうまく行くと思います)。クッキングペーパーをフライパンに敷き、その上に切った鰻を並べ蓋をします(蓋をするのが重要で、蒸し焼きにする感じです)。とろ火でしばらく火にかけ、いい感じのところ(鰻を温めるだけなので、そのくらい)で取り出します。そしたらフワフワ。

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

「その他の魚介」の基本

「その他のごはんもの」の基本