DELISH KITCHEN
  1. 料理の基本!銀杏の下処理

料理の基本!

銀杏の下処理

銀杏はそのままだと固い殻と薄皮が付いているので食べられません。ご家庭でも簡単に銀杏の下処理をすることができますので、ぜひ覚えておきましょう。下処理した銀杏は、揚げたり、茶碗蒸しや炊き込みご飯などに入れたりして食べてみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約20分

作り方

  1. 1.

    銀杏はフチになっているところを横に向け、キッチンバサミの持ち手部分(ギザギザになっている部分)ではさむ。軽く力を入れて殻を割り、硬い殻を取り除く。

    ポイント

    実が崩れやすいので軽く力を入れて硬い殻を破りましょう!

    怪我をしないように十分注意して作業を行ってください。

    硬い皮の周りに薄い皮がついている場合は水に銀杏を浸して1時間程おいてください。するっと皮がむけます。

    この工程の後にペンチで硬い殻取ってください。

  2. 2.

    鍋に銀杏が浸るくらいの湯をわかし、銀杏を入れてお玉の底で少し抑えながら混ぜる。

    ポイント

    湯に入れて混ぜていると薄皮が取れてきます!

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう

関連カテゴリー

関連記事