DELISH KITCHEN

料理の基本!

魚の切り身の保存方法

  • 調理時間

    5

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    200前後

お気に入りに追加

毎日の食卓に積極的に取り入れたい魚!身にハリとツヤがあり、血合いとの境目がはっきりしているものを選ぶのがおすすめ♪おろした魚は空気に触れて鮮度が低下しやすくなるため、正しい方法でしっかりと保存しましょう。今回は生鮭を使用していますが、白身魚や青魚の切り身も同じ方法で保存できます。

手順

  1. 1

    生鮭はキッチンペーパーで水気をしっかりとふきとる。新しいキッチンペーパーでひと切れずつ包み、ラップでぴったりと包む。ポリ袋に入れて袋の口を閉じ、冷蔵庫で保存する。

    ポイント

    チルド室での保存がおすすめです。

    早めに食べ切りましょう。

よくある質問

  • Q

    保存期間はどのくらいですか?

    A

    1〜2日以内を目安になるべく早めにお使いください。また、表示されている消費期限を合わせてご確認ください。 ※保存につきましてはお客様ごとの環境に大きく作用されるため、あくまでも目安の保存期間でございます。清潔な環境で適切な温度や湿度である前提で保存いただいた場合の期間となります。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます

「つくった」をタップして、

初めてのレビューを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連記事

関連カテゴリ