DELISH KITCHEN
  1. TOP
  2. 肉料理
  3. 焼き物(肉)
  4. やみつきになる美味しさ♪サルティンボッカ

やみつきになる美味しさ♪

サルティンボッカ

サルティンボッカとは、仔牛肉・鶏肉・豚肉などに、生ハムとセージをのせて焼いた料理です。簡単に短時間でできることから、イタリア語で「口に飛び込む」という意味の名前がついています。本場では仔牛肉を使うことが多いですが、家庭でも作りやすいように豚肉を使ったレシピをご紹介します。生ハムをのせる面は強めの火で短時間で焼き、焼きすぎに注意しましょう。生ハムの塩気と旨味が合わさり、絶品です♪材料を揃えて気軽にイタリア気分をお楽しみください!

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約10分
  • カロリー

    429kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1人分あたり

料理レシピ

材料 2人分

料理を楽しむにあたって

作り方

  1. 1.

    豚肉は脂身と赤身の間に数カ所切り込みを入れて筋を切る。豚肉1枚にセージ、生ハムを1枚ずつのせ、手で軽く押して密着させる。同様に計4枚作る。生ハムの面にこしょうをふる。裏返し、塩、こしょうをふる。薄力粉を全体にまぶし、余分な粉を落とす。

    TIPS

    生ハムの塩味があるので塩は片面にふります。お使いになる生ハムに合わせて、塩の量はお好みで加減してください。

  2. 2.

    フライパンにオリーブオイル、バター、残りのセージ(1枚)を入れて中火で熱し、バターを溶かす。生ハムの面を下にして豚肉を並べる。焼き色がつくまで強めの中火で焼く。裏返して1分ほど焼いて、白ワインを加えて煮立たせながら肉に火が通るまで焼いて取り出す。

  3. 3.

    レモン汁を加えてとろみがつくまで煮詰める(ソース)。

    TIPS

    ソースの味を見て塩味が足りなければ塩を足してください。

  4. 4.

    器に2の豚肉を盛り、ソースをかける。

レビュー

(9件)

4.8
※レビューはアプリから行えます。
  • Soul'd out
    サルティンボッカ、どこかで聞いたことがあるような…と思ってたらサルティンバンコでした(シルク・ドゥ・ソレイユのサーカス…全然ちがったw)(・∀・) 生ハムの代わりにベーコンを使ったし、白ワインの代わりに料理酒だし、セージは無いし…完全な再現とまではいきませんでしたが、とても美味しくできました。 バターとレモンのソースも良かったです!
  • ねこねこ
    オーストラリア人のパートナーと一緒に作りました。簡単で、セージの味もしっかりして最後のレモン汁のソースが良く合うオシャレなお料理です。彼のお母さん側がイタリア系の家族なので、お母さんが一番好きな料理がこのサルティンボッカだそうです。お母さんは肉を叩いて平たくしてから使用していたみたいなので、今度それでやってみようと思います!もちろん、このレシピ通りでも充分美味しいです(*˙˘˙*)
  • メロン熊太郎
    セージがみつからずバジルで代用しましたが、程よい塩味で風味も良く、とても美味しかったです。
  • odayou
    スーパーにセージが売っていなかったので、ホームセンターで苗を買って来て植えるところから始めました(買って帰ったその日に葉を8枚収穫して)。 あと、生ハムは丸いものしか無かったので、豚肉1枚に2枚の生ハムを並べて使いました。 肝心の味ですが、さっぱりしてすごく美味しかったです。 サルティンポッカは、お肉は何でも良いようなので、セージが育った頃に、今度は鶏むね肉で試してみたいと思っています。

関連カテゴリー