DELISH KITCHEN

福島県の郷土料理♪

にしんの山椒漬け

  • 調理時間

    3

  • カロリー

    74kcal

  • 費用目安

    800前後

  • 炭水化物

    3.5g

  • 脂質

    3.4g

  • たんぱく質

    5.4g

  • 糖質

    3.5g

  • 塩分

    2.1g

  • ※1人分あたり
  • ※費用目安はレシピ全体での金額となります。

ニシンの山椒漬けとは、身欠きにしんに山椒の葉をかぶせ、酢やしょうゆで漬けた料理で、海がなく山に囲まれた”福島県の会津”で生魚が流通していなかった時代に、保存食として食べられてきた郷土料理です。山椒を加えることでニシンの臭みを和らげ、山椒のピリッとした辛さに酢や醤油の風味で、噛めば噛むほど口いっぱいに旨みが広がります。日本酒のお供にもぴったりです♪

お気に入りに追加

材料 【4人分】

  • 身欠きニシン[本乾]6本(90g)
  • 山椒の葉20枚
  • 米のとぎ汁500cc
  • ☆調味料
  • 大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 100cc
  • しょうゆ100cc

手順

  1. 1

    バットに身欠きニシン、米のとぎ汁を入れ、ラップをして冷蔵庫で一晩(8時間)おく。水気を切り、汚れやウロコを洗う。

    ポイント

    米のとぎ汁の代わりに、水500cc、米大さじ1でも代用いただけます。ニシンがバットに入らない場合は、半分ほどに折ってください。米のとぎ汁に漬けることで、身欠きニシンの臭みを取り除きます。

  2. 2

    身欠きニシンの頭付近の固い部分を包丁で切る。

  3. 3

    腹骨が左側にくるようにおき、腹骨の付け根の右側から包丁を当てて骨を立たせ、浮いた骨に包丁を寝かせて入れ、骨だけをすくうように薄くそぎ取る。身の中央にある太い骨を骨抜きで抜く。

  4. 4

    鍋に☆を入れて中火で熱し、煮立ったら弱めの中火で1分ほど加熱する。粗熱をとる。

  5. 5

    保存袋に山椒の葉1/4量を敷き、身欠きニシン2本をのせる。同様に繰り返しながら重ねる。☆を加え、空気を抜きながら口を閉じる。

  6. 6

    バットにのせ、1kgほどの重しをのせる。冷蔵庫で4日〜1週間程おく。毎日上下を返す。

    ポイント

    身欠きニシンが調味料を吸い、お好みの固さになるまでおいてください。そのまま食べたり、さっと焼いて食べるのもおすすめです♪

レビュー

-

( - 件)
※レビューはアプリから行えます

「つくった」をタップして、

初めてのレビューを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

関連カテゴリ