1. 料理の基本!煎り酒の作り方

料理の基本!

煎り酒の作り方

梅干しとかつお節などを日本酒に入れて煮詰めた煎り酒は、日本古来の調味料。現在の醤油のようような用途で、室町〜江戸時代まで広く使われていました。上品な塩味と酸味で食材本来の色や味を引き立ててくれるので、使い勝手抜群!刺身、お浸し、卵かけご飯、冷奴やパスタなど様々な料理に活用してみてください。

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 180分以上

料理レシピ

材料 約100cc分

作り方

  1. 1.

    昆布の表面の汚れを濡れ布巾などでふきとる。小さめの鍋に日本酒、昆布を入れて2時間漬ける。昆布を取り出す。

  2. 2.

    1に梅干しを加えて弱火にかける。沸騰したら半量になるまで5分煮詰める。かつお節を加えて、火を止める。

    TIPS

    梅干しは軽くつぶしながら加えましょう。

  3. 3.

    かつお節が完全に沈んだら、キッチンペーパーを敷いたざるでこす。

    TIPS

    煮沸消毒した密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存し、早めに使い切りましょう。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう