DELISH KITCHEN

下処理から完全マスター!

たけのこ定番2選

4.6

(

)

  • 調理時間

    半日

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    -

お気に入りに追加

覚えておきたいたけのこの下処理と定番料理2種の紹介です!新鮮なたけのこが手に入ったら、まとめてしっかり下ごしらえをしておくことで、その後の調理がグンと楽になります。炊き込みご飯や若竹煮といった、旬のたけのこを堪能できるメニューで春を感じてみませんか?

材料 【各2〜3人分】

手順

  1. 1

    【下処理】たけのこはよく洗って先端を斜めに切り落とし、縦に浅く切り込みを入れる。

  2. 2

    鍋にたけのこ、米ぬか、唐辛子を入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、中火にかける。

    ポイント

    米ぬかはえぐみを取り除く効果があります。米のとぎ汁でも代用可能です。唐辛子は諸説ありますが、殺菌作用、米ぬかの臭みを取る効果があると言われています。

  3. 3

    煮立ったら弱めの中火にし、落としぶたをしてゆでる。

  4. 4

    少しずらしてふたをする。途中差し水をしながら、水の量が減らないように、常にわいている状態を保って1時間半〜2時間、竹串が通るまでゆでる。ゆで汁に入れたまま粗熱をとる。

  5. 5

    水にさらして皮をむく。箸などを使って表面を滑らかにする。固い部分は包丁でむき洗っておく。

    ポイント

    保存するときは清潔な容器に入れ、水に浸しておく。

  6. 6

    【炊き込みご飯】たけのこは穂先は食べやすい大きさにし、残りはいちょう切りにする。

  7. 7

    油揚げは幅を2等分し、細切りにする。

  8. 8

    釜に米、酒、みりん、塩、しょうゆ、和風顆粒だしを入れる。

  9. 9

    2合の目盛りまで水を注ぎ、たけのこ、油揚げをのせ、通常通り炊飯する。

  10. 10

    炊き上がったら混ぜる。器に盛り、お好みで木の芽をちらす。

  11. 11

    【若竹煮】たけのこは穂先は食べやすい大きさにし、残りは半月切りにする。

  12. 12

    わかめは食べやすい大きさに切る。

  13. 13

    鍋に酒、みりん、薄口しょうゆ、和風顆粒だし、水、たけのこを入れて熱する。

  14. 14

    煮立ったら落としぶたをする。ふたをして弱火で、15分煮る。

  15. 15

    わかめを加えて2〜3分煮て粗熱をとり、器に盛り、お好みで木の芽を添える。

レビュー

4.6

( - 件)

※レビューはアプリから行えます

初めてのコメントを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

「たけのこ」の基本

「油揚げ」の基本

「その他の野菜料理」の基本

関連カテゴリー

もっと見る