DELISH KITCHEN

尾頭つき!

鯛の塩焼き

お祝いの席には欠かせない鯛の塩焼きは、尾頭つきに挑戦して食卓を華やかに彩りましょう。大きな鯛でもオーブンを使えば簡単に調理が可能です。温度を変えてじっくり焼くので身もホクホクに仕上がります♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 約60分
  • カロリー

    168kcal

  • 炭水化物

  • 脂質

  • タンパク質

  • 糖質

  • 塩分量

※ 1人分あたり

料理レシピ

材料 4人分

作り方

  1. 1.

    鯛はうろこを取り、えらと内臓を取り除く。お腹の中をキッチンペーパーでふく。

    ポイント

    ヒレでケガをしないように注意!

  2. 2.

    ボウルに水を入れ、塩(分量外:大さじ1)を加えて鯛を洗う。水気をしっかりふき取る。

  3. 3.

    水気を切りまな板にのせ、身にバツ印に切り込みを入れる。

    ポイント

    焼いた際に皮が縮んで破れないようひと手間。頭は左側にしましょう!

  4. 4.

    身とお腹の中に、塩、酒をふってすり込む。ぴったりとラップをし常温で15分おく。

    ポイント

    オーブンは200℃で予熱しましょう。

  5. 5.

    ラップをとって軽く水気を拭き取り胸びれと尾びれに塩(化粧塩)をぬりつけ、200℃に予熱したオーブンで20分、180℃に落としてさらに15分焼く。ひれが焦げそうであれば途中でアルミホイルをかぶせる。

レビュー

(9件)

4.4
※レビューはアプリから行えます。
  • タラリラりん
    グリルでの焦げ付きの心配がなく 焼けましたが、少し身がパサパサな感じでした。 アルミホイールは、かけた方が良かったかも。
  • ラビタン
    順序よく説明がされていて、鯛初心者でもしっかりさばけました‼️ 他の方のレビューも参考にし、途中からアルミホイルをかけたらふっくらジューシーに😉 下味もしっかり浸みていて大変美味しくできました💓
  • リオママ
    内臓の処理等は、上手な方にしていただいたので、私は手順2からですが、とても分かりやすくちゃんと出来ました。我が家のオーブンでの焼け具合を見ながら、200℃の段階は、レシピより5分短くし、180℃は、レシピ通り。焦げすぎることもなく、綺麗にふっくら焼けました。
  • こめこ
    お食い初めに焼きました。尾頭つきは初めて焼きましたが工程がわかりやすく、ふんわり焼けて大満足です。焦げやすいとのコメントを参考に、途中でアルミホイルを被せたら無事でした。

関連記事