DELISH KITCHEN

料理の基本!

チンゲン菜の保存方法

  • 調理時間

    -

  • カロリー

    -

  • 費用目安

    100前後

お気に入りに追加

チンゲン菜の保存方法のご紹介です!油との相性が良く、炒め物にぴったりな葉野菜です。葉の緑色が鮮やかで、株の根元がみずみずしく、ふっくらとしているものを選んでください♪

手順

  1. 1

    チンゲン菜を湿らせたキッチンペーパーで1株ずつ包み、保存袋に入れる。

    ポイント

    ポリ袋で代用可能です。

  2. 2

    根元を下にして、野菜室で立てて保存する。

注意事項

・夏場や梅雨の時期を避け、涼しい場所(保冷剤・保冷バッグ等を利用する、もしくは冷蔵庫)で保管し、お早めにお召し上がりください。

・十分に冷ましてからお弁当に詰めてふたを閉めてください。

よくある質問

  • Q

    保存期間はどのくらいですか?

    A

    保存期間の目安は4〜5日です。

  • Q

    冷凍は可能ですか?

    A

    冷凍も可能です。生の場合、洗って水気をふきとり、使いやすい大きさに切って冷凍用保存袋に入れる。またはかためにゆで、水気を絞って使いやすい大きさに切り、小分けにしてラップで包み、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。冷凍のままで調理可能です。保存期間の目安は3〜4週間です。

  • Q

    冷凍青梗菜を使ったレシピを教えてください。

    A

    冷凍の場合は解凍せずに使いましょう。水分が出やすいので、スープや煮物、おひたしなどがおすすめです。中華風おひたしはこちら、エビを使ったあんかけごはんこちらなどはいかがでしょうか。

  • Q

    冷凍した青梗菜はお弁当に使っても良いですか?

    A

    冷凍したチンゲン菜は水分が出やすいので汁気を切ってから詰めてください。また他のおかずやごはんに汁気がうつらないようにカップなどで仕切るのがおすすめです。

レビュー

-

( - 件)

※レビューはアプリから行えます

「つくった」をタップして、

初めてのレビューを投稿してみましょう

つくったに追加する

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をTwitterでシェアできます。
このページの情報をFacebookでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

「チンゲン菜」の基本

「その他の野菜料理」の基本

関連記事