1. 料理の基本!レタスの保存方法

料理の基本!

レタスの保存方法

レタスの保存方法をご紹介!レタスは芯があまり大きくなく、葉がふんわりと巻いているものを選び、乾燥に注意して保存してください。丸のまま保存し、外の葉から使っていくことで長持ちします♪カットしたレタスは日持ちしないので早めに使い切りましょう!

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

作り方

  1. 1.

    【芯に薄力粉をつけて保存する方法】レタスは芯を2〜3mmほど切り落とし、切り口に薄力粉をつける。キッチンペーパーで包んで保存袋に入れ、袋の口を閉じる。芯の切り口を下にして野菜室で保存する。

    TIPS

    芯の切り口に薄力粉をつけることで、乾燥を防ぐ効果があります。保存袋はポリ袋で代用可能です。

  2. 2.

    【芯につまようじを刺して保存する方法】レタスは芯につまようじを数本刺す。キッチンペーパーで包んで保存袋に入れ、袋の口を閉じる。芯の方を下にして野菜室で保存する。

    TIPS

    芯につまようじを刺すことで、芯の成長をとめることができます。保存袋はポリ袋で代用可能です。

  3. 3.

    【芯をくり抜いて保存する方法】キッチンペーパーは水でぬらして水気を軽くしぼる。レタスは芯の部分を手で押し込み、芯をくり抜く。ぬらしたキッチンペーパーをくり抜いた穴に詰める。キッチンペーパーで包んで保存袋に入れ、袋の口を閉じる。芯の方を下にして野菜室で保存する。

    TIPS

    ぬらしたキッチンペーパーを詰めることで、中心から水分が抜けるのを防ぎます。保存袋はポリ袋で代用可能です。

よくある質問

  • Q

    保存期間はどのくらいですか?

    A

    保存期間の目安は10日程度です。

  • Q

    冷凍は可能ですか?

    A

    食感は変わりますが、冷凍も可能です。使いやすい大きさに切って水気をふきとり、冷凍用保存袋に入れて保存しましょう。冷凍のまま調理可能です。冷凍したレタスは水分がぬけてシャキシャキ感が損なわれるため、スープや蒸し料理への活用がおすすめです。保存期間の目安は2〜3週間です。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう