1. 料理の基本!大根の隠し包丁

料理の基本!

大根の隠し包丁

厚めの大根を使いたいときにおすすめ!大根の隠し包丁をご紹介です。隠し包丁を入れることで火の通りが良くなり、味が染み込みやすくなります。一手間加えてよりおいしく調理しましょう♪

このページの情報をLINEでシェアできます。
このページの情報をPinterestでシェアできます。

お気に入り

つくった

  • 調理時間 -

料理レシピ

材料

作り方

  1. 1.

    大根は横3cm幅の輪切りにし、皮を厚めにむく。切り口の角に包丁の刃をあて、浅くそぐようにして切り落とす(面取り)。

  2. 2.

    【十字に切り込みを入れる場合】切り口を上にしておき、十字に深さ1cmほどの切り込みを入れる。

    TIPS

    大根の厚さによって切り込みの深さは調整しましょう。使用する大根の厚さの1/3ほどの深さが目安です。

    煮物などでしっかりと火を通し、味を染み込ませたい時におすすめの切り方です。

  3. 3.

    【格子状に切り込みを入れる場合】切り口を上にしておき、格子状に深さ2mmほどの切り込みを入れる。裏も同様に切り込みを入れる。

    TIPS

    焼き色をきれいにつけたい時におすすめの切り方です。

    細かく切り込みを入れることで、たれがよりからみやすくなります。

レビュー

( - 件)

-
※レビューはアプリから行えます。

「つくった」をタップして、初めてのレビューを投稿してみましょう